machitive’s blog

へなちょこぽんぽこりんだった僕が、筋トレに出会い、人生が変わった境遇から学んだ「筋トレ×ポジティブマインド」のソリューションを通じて、人生を謳歌させる方法

死に際まで引く!引く!これが男の生き様だ。

 

 

限界まで引いて下さい

 

 

んにちは

tamiosterone!です!

 

 

 

 

男は背中で語れ

 

 

 

かっこいい生き方ですよね?

 

 

 

今のあなたはどうですか?

 

 

「自分に自信がない」

 

「自分を変えたい」

 

「女の子にモテたい」

 

「仕事がつらい」

 

f:id:machitive:20180604185620j:plain

 

 

 

うんうん。

 

背中で語るどころか、

誰もあなたの背中に魅力を感じていませんよ

 

 

 

今回、紹介するトレーニングは

背中・お尻に効くトレーニングです。

 

 

 

このトレーニングを実施するかしないかで

 

 

「自分に自信がない」
「自分を変えたい」
「女の子にモテたい」
「仕事がつらい」

 

f:id:machitive:20180604185754j:plain

 

のままでいるか

 

 

 

「あの人の背中かっこいい!」

「俺の背中を見て、ついてこい!」

「あの人、頼れる背中してる。素敵。」

「俺に出来ない仕事は無い」

f:id:machitive:20180604185829j:plain

 

 

 になるかを選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

もう決まってますよね?

 

 

 

誰しも

 

「あの人の背中かっこいい!」
「俺の背中を見て、ついてこい!」
「あの人、頼れる背中してる。素敵。」
「俺に出来ない仕事は無い」

 

 

になりたいはずです。

 

 

人生を変えたいんでしょ?

 

輝かしい人生を送るんですよね?

 

 

 

 

なら、答えは一択。

 

このトレーニングをするだけです。

 

 

 

 

「師匠!頑張ります!」

「はやく、教えてください!!」

 

 

 

今回あなたにお伝えする

トレーニングは

 

 デッドリフトです。

f:id:machitive:20180604190131j:plain

 

 

 

これは

筋トレ界におけるビッグ3にも含まれる

重要度MAXのトレーニングです。

 

 

 

 

では、

説明していきましょう

 

 

 

まず、冒頭でもお伝えしましたが

デッドリフト背中・お尻に効く

最強のトレーニングです。

 

 

背中で語れる漢

 

 

になる為にも、

逞しい背中は必須条件です。

 

 

ヨボヨボの薄っぺらい背中

 

 

筋肉で構築された厚みのある背中

 

 

あなたはどちらに惹かれますか?

 

 

勿論、後者ですよね?

 

 

女の子ならなおさら、

後者を選ぶと思いませんか?

 

 

逞しい背中とは

 

私を守ってくれる、導いてくれる背中

 と認識するんです。(tamiosterone!調べ)

 

f:id:machitive:20180604190710j:plain

 

だから、デッドリフトをする必要があるんです。

 

 

 

さて、

ここでデッドリフトのやり方についてなんですが、

 

 デッドリフトはパワーラックと呼ばれる

フリーウェイトマシンですることが出来ます。

 

f:id:machitive:20180604190928j:plain

 

 

 

横の補助バーの高さを

1番下にしましょう

f:id:machitive:20180604191133j:plain

 

 

ハーフデッドリフトといって、

補助バーの高さを膝下まで持ってきて

背中にダイレクトに効かす方法もあるんですが

私はフルデッドリフトを推奨します。

 

 

何故なら、

お尻も一緒に鍛えられるからです。

効率重視です。

 

 

なので、補助バーは1番下です。

 

 

そして、

バーを置きます。

 

 

 

スタート位置ですが、

足幅は肩幅ほどで大丈夫です。

 

 

そして、バーを握るときですが、

握る位置は肩幅より少し広め位置です。

 

 

さて、いよいよバーを引くのですが、

 

 

 

ここでちょっとストップ

 

 

 

 

最初のスタートポジションを取るときは

膝がバーと垂直の位置でゴリラになってください

 

f:id:machitive:20180604191422j:plain

 

 

 

お尻を突き出し、背中を半月のように湾曲させます。

胸も突き出します。

 

 

デッドリフトに限らず、

フォームの維持は非常に重要です。

 

 

このお尻を突き出し、背中を半月にする姿勢を

常に意識したください。

 

f:id:machitive:20180604191526j:plain

 

そして、いよいよバーを引きます。

 

 

バーを引くときですが、

バーの移動は水平方向の移動を意識して下さい

 

 

スタートポジションで

膝がバーと垂直の位置とお伝えしましたが、

バーが膝をするのが理想です。

 

プロの方々は膝を擦りすぎて

結構ケガしていたりします。

  

バーを引くときは

最初のゴリラ半月を維持しながら

バーを引きます

 

最終は、胸をググったはれる位置まで持っていきます。

 

f:id:machitive:20180604191712p:plain

 

 

降ろす時も、しっかりとゴリラ半月を

意識しながらゆっくりと下ろして下さい。

 

 

 

呼吸は

引くときに吐いて

降ろすときに吸います

 

 

少し、フォームが難しい種目ですが、

すぐに慣れるので焦らずにいきましょう!

 

 

 

重さと回数ですが、

 

ギリギリ10回上がるか上がらないかの重さ

でトライしてください。

 

 

それを3.4セットで十分です。

 

 

 

 

 

 

あなたは今どこにいます。

 

 

電車、バス、カフェ、学校の方は

ゴリラ半月をすると注目の的になります。

 

やめておきましょう。

 

今すぐに"ゴリラ半月"とメモをとりましょう。

 

自宅や、人目を気にしなくていい所にいる方々は立って下さい。

 

 

そして、

パワーラックが目の前にあるとイメージして、

スタートポジションを取ってください。

 

わかりますよね。

ゴリラ半月です。

 

そして、そのまま、

バーを持ってるイメージで

バー引いて下さい。

 

胸を張れる位置まで引いたら

ゆっくりと下ろして下さい。

 

 

これでイメージはバッチリです!

 

 

 

 

背中で語れる漢

 

 

になりましょう。

 

「あの人の背中かっこいい!」
「俺の背中を見て、ついてこい!」
「あの人、頼れる背中してる。素敵。」
「俺に出来ない仕事は無い」

 

 

輝かしい人生を送りましょう

 

f:id:machitive:20180604191954j:plain

 

 

あなたなら出来ます。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

アディオス!