machitive’s blog

へなちょこぽんぽこりんだった僕が、筋トレに出会い、人生が変わった境遇から学んだ「筋トレ×ポジティブマインド」のソリューションを通じて、人生を謳歌させる方法

パフォーマンスを最大に引き出す〇〇な方法とは!?筋トレ界につたわる3つの教え。

 

 

 

この3つを知っているか

いないかで成果が大きく

変わります。

 

 

 

んにちは!

tamiosterone!です。

 

 

 

皆さんはどんな姿になりたくて

筋トレを始めましたか?

 

 

 

「女の子にモテまくる為」

f:id:machitive:20180624101727j:plain

 

 

 

 

「弱い自分を変えるため」

f:id:machitive:20180624101759j:plain

 

 

 

 

「自信がない自分を

      変えるため」

f:id:machitive:20180624101908j:plain

 

 

 

 

人それぞれ、色んな理由が

あるかと思います。

 

 

 

そんなあなたの望む人生を

より早く実現させるコツ

あります。

 

 

 

逆に、これを知らないと、

同じ筋トレでも1回1回の

成果が十分に得られなく

なります

f:id:machitive:20180624102002j:plain

 

 

 

つまりは、あなたの望む

 

 

 

 

「女の子にモテたい」

「自分を変えたい」

「自信をつけたい」

 

 

 

 

が遠のきます。

f:id:machitive:20180624102029j:plain

 

 

 

 

知らない理由はないですね?

 

 

 

 

筋トレを始めたてのころに

聞くべきであろう3つのアド

バイスをお伝えします。

 

 

 

 

筋トレにおける研究はとて

日が浅いです。

 

 

 

 

 

今、研究者の方々が必至に

筋トレにおける研究をして

いる段階でもあります。

f:id:machitive:20180624102123j:plain

 

 

 

 

まだまだ科学的な根拠を

もとにトレーニングの内

容を語れないというのが

事実でもあります。

 

 

 

 

しかしながら、あらゆる

トレーナーや研究者が口

をそろえてこう言います

 

 

 

 

「トレーニング中にこの3つの

心がけたらいいんじゃないか?」

f:id:machitive:20180624102225p:plain

 

 

 

 

筋トレ界に伝わる大きな3つの

教えあります。

 

 

 

 

その3つとは

 

 

 

 

①トレーニングは全可動域でやる

②無理のないフォームでする

③速度を意識してみる

 

 

 

 

の3つです。

 

 

 

3つを一気にお伝えすると

頭が混乱しますので、3回

に分けてお伝えしていきます。

 

 

 

 

今回のメインテーマは

 

 

 

 

①トレーニングは全可動域でやる

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

「どういうこと?」

f:id:machitive:20180624102331j:plain

 

 

 

 

と疑問を感じる方も

いらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

例えていきましょう。

 

 

 

ジムでベンチプレスをして

いる人がいるとしましょう。

f:id:machitive:20180624102402j:plain

 

 

 

 

よく見かけるのが、すごく

浅いフォームやっている

人っていませんか?

 

 

 

 

ベンチプレスのスタート位置

から少し肘を曲げただけのフ

ォーム。よく見かけますよね?

 

 

 

 

あれ、全然意味がないです。

やるだけ無駄です。

f:id:machitive:20180624102500j:plain

 

 

 

 

極端に浅いフォームで

トレーニングを行いたくな

る気持ちもわかります。

 

 

 

 

 

先ほどのベンチプレスの例

でしたら、胸にバーが当た

るまで、上げるのが正しい

姿なのですが、正直キツイ

です。

 

 

 

 

しかし、同じ1回のベンチプ

レスでも最小限の刺激最大

限の刺激与えるのであれば

どっちをとりますか?

f:id:machitive:20180624102631j:plain

 

 

 

 

勿論、後者ですよね?

 

 

 

全可動域を使うということは

最大限の刺激を筋肉に与える

ということです。

 

 

 

 

他の例を見てみましょう。

 

 

 

 

この全可動域でという点で

ほとんどの人が出来ていない

種目が1つあります?

 

 

 

 

スクワットです。

f:id:machitive:20180624103208j:plain

 

 

 

 

ほとんどの人が、

浅いフォームで行っています。

 

 

 

 

スクワットは筋トレ種目の中

でもトップ1レベルでキツイ

種目です。

 

 

 

 

しかし、キツイからといって

浅いフォームで効率の悪い

筋トレをしているのは非常に

もったいないです。

 

 

 

 

スクワットもしっかり最後

まで下げるフルスクワット

で取り組みましょう。

 

 

 

 

スクワットに関しては研究

からもフルスクワット説が

証明されています。

 

 

 

スクワットを全可動域で

するとそうでない場合よ

りも足全体の筋肉がバラ

ンスがよく、筋肥大を

起こすと証明されています。

 

 

 

 

ただ、誤解してもらいたく

ないのが、無理に重たい重

で全可動域を使ってやれとい

っているのではありません。

f:id:machitive:20180624103514g:plain

 

 

 

 

他の2つの教えにもその意味が

絡んできます。

 

 

 

 

きついときは、重量を下げても

かまいません。

 

 

 

 

しっかりと、可動域を全域まで

広げることが大切です。

 

 

 

 

今すぐに立ってください!

 

 

 

 

そして、まずは浅いフォーム

スクワットをその場でして

ください。

 

 

 

 

そして、次にフルスクワットを

してください。

 

 

 

 

可動域の違いを感じてください。

 

 

 

 

どうしても出来ない状況の人は

頭の中で、イメージしてください。

 

 

 

筋トレにおいてイメージもすごく

大切です。

 

 

 

一歩一歩着実に、かつ、効率よく

進んでいきましょう。

 

 

 

 

最後まで読んでいいただき

ありがとうございます。

アディオス!