machitive’s blog

へなちょこぽんぽこりんだった僕が、筋トレに出会い、人生が変わった境遇から学んだ「筋トレ×ポジティブマインド」のソリューションを通じて、人生を謳歌させる方法

男性は特に注意!!〇〇に注意せよ!

 

 

うん。よくないです。

 

 

んにちは!

tamiosteron!です!

 

 

 

 

筋トレにおいて一番

やってはいけないミスって

なんだと思いますか?

 

 

 

 

「うーーん、、、」

f:id:machitive:20180624233855j:plain

 

 

 

 

実は、故障です。

f:id:machitive:20180624234106p:plain

 

 

 

 

つまり、ケガをしてしまっ

ては筋トレは出来ません

よね?

 

 

 

 

無理なく・怪我無く筋トレを

続けることが大事です。

 

 

 

 

我流でめちゃくちゃな筋トレ

をしていては意味がありません

 

 

 

 

変な風に筋肉が付き、

ケガの原因にもなります。

f:id:machitive:20180624234228j:plain

 

 

 

 

ケガをして筋トレが出来な

くなればあなたの夢も潰え

てしまいます。

 

 

 

 

「マッチョな体形で女の子の

視線をくぎ付けにしたい」

f:id:machitive:20180624234412j:plain

 

 

 

 

「自信がなく引っ込み事案の

自分をイケイケにしたい」

f:id:machitive:20180624234439j:plain

 

 

 

 

そんなあなたの夢もケガを

してしまったら遠のきます

 

 

 

 

しかし、ケガをしないようにす

ればしっかりと夢に向かって前

進することができますよね?

 

 

 

 

今回は、筋トレ界における3大

アドバイスのうちの一つ。

 

 

 

 

無理のないフォームでする

 

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

 

因みに、ほかの教えは

 

 

 

 

①全可動域でする

②無理のないフォームでする

③速度を意識する

 

 

 

 

でしたね?

 

 

 

 

男性特有の事ですが、

見栄っ張りな人っていません

でしたか?

 

 

 

 

自分でも知らず知らずのうちに

見栄を張ってしまう事って

ありますよね?

 

 

 

 

そういう方は要注意です。

f:id:machitive:20180624234646g:plain

 

 

 

 

正しいフォームでって言われ

ても正直なところ、何が正し

いのかわからないですよね?

 

 

 

 

筋トレの目的によっては正

しいフォームが異なること

もあります。

 

 

 

 

その為、心がけるポイントは

自分のキャパシティを踏まえて、

無理のないフォームで行うという

ことです。

 

 

 

 

つまりは、初心者だろうが

上級者だろうが無理のない重量・

フォームで筋トレをすることで

パフォーマンスの向上に繋がる

わけですね。

f:id:machitive:20180624234749j:plain

 

 

 

 

先ほど、見栄っ張りな人は注意

が必要といいましたよね?

 

 

 

 

筋トレで自分のキャパを超えて

見栄を張ってしまうと必ずと

いっていいほど、ケガに繋が

ります

f:id:machitive:20180624235137p:plain

 

 

 

まぁ、当然ですよね?

身体が耐えられる限界を超えて

無理に体に負荷をかけることに

なるわけですから。

 

 

 

 

重量であれば10回上がるか

上がらないかの重量です。

 

 

 

 

フォームは無理に反動を加えたり

して行うトレーニング等ですね。

 

 

 

 

地に足がついた状態

筋トレは必ずしましょう。

 

 

 

 

では、今すぐ自分の筋トレを

見直してみてください。

 

 

 

見栄を張って無理な重量・

フォームでやっている種目は

ありませんか?

 

 

 

 

あるのではれば、

メモを取りましょう。

 

 

 

 

次回の筋トレから改善して

いきましょう!

 

 

 

 

何事も着実に前に進むことが

大切です。

 

 

 

焦ったらいい結果はでないです。

 

 

 

余裕をもってやって

いきましょう。

 

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

アディオス!